Just another WordPress site

知覚動考 (ちかくどうこう)


僕のような資本力も信用力もない起業家は、まず行動・実践です。


そもそも僕は考えている時間が長いので、失敗を恐れず、まずは行動すること、実践することが本当に大切なのかも知れません。


考え方によっては、10の行動に対して「成功が1」だと思えば気持も楽になり、落ち込むこともなくなります。


野口嘉則さんの著書「心眼力」の付属CD を聴くと、この知覚動考について解説されてあります。


その言葉の意味は…


「知ったことを、覚えながら、動きながら、考えよう!」ということです。


なぜ、この言葉が響いたかと言うと・・・

僕はサラリーマン時代に、ビジネス書を年間100冊以上読み、著名人のビジネスCDを毎日聴きまくりました。


そして、起業3か月前から事業計画を練り、自信満々で起業したのです。


しかし、実際に起業してみて分かったのですが・・・


どれだけ勉強して理論を学んでも、実際に売上につながることとは全く別問題だったのです。


正直、ショックでした。


サラリーマン時代は、「たくさん本を読めばビジネスで成功出来る!」という言葉に踊らされていたことに気づいたのです。


言い換えれば、

畳の上で泳ぎ方の練習をしても、実際にプールの中に飛び込んだら、泳げないことと同じです。


だから、知覚動考なのです。


まず、プールのなかに「ドボーン!」と飛び込んで、ブクブクブクブクと溺れながら、手足を動かし、どうしたら呼吸ができるか考えながら覚えることにしたのです。


息ができなくて死ぬほど苦しくなるのですが、頭と体で覚えることができるでしょう。


ちなみに”知覚動考”は、「ともかく動こう」とも読めるそうです。


行動・実践を躊躇しないで


他人の評価を気にしないで


そして失敗を恐れないで


まずは、行動してみよう!


行動しながら、成功を覚えよう!


頭と体でバランスよく実践してみよう!


これ、なんでしょう。。。



起業家・渡辺誠司の孤軍奮闘ブログ


アップ!



起業家・渡辺誠司の孤軍奮闘ブログ


実は、「たくあん」を作っている最中の写真です。


ウチの親父が毎年作っているのですが・・・


製造過程を初めて見ました。



まず、大根の皮を剥いて半分に割って


起業家・渡辺誠司の孤軍奮闘ブログ ←大根を剥いた皮


そして、麹漬の素を入れる。


起業家・渡辺誠司の孤軍奮闘ブログ


漬物石を乗せて・・・

起業家・渡辺誠司の孤軍奮闘ブログ


あとは、漬かるのを待つ!そうです。





正直、買ってきたほうが安いらしいのですが、


「そういう問題じゃない!」そうです。




自分で作って食べるのが楽しみであり、近所の人に分けてあげて


「おいしかった」と言われるのが、いいみたいです。



もし、ここで学びがあるとすれば・・・


マーケティングは漬物の仕込みと同様に


「あとは待つ!」


というところでしょうか?


実は、漬物で大事なポイントは、「漬物石の重さ」にあるそうです。



軽すぎると漬からないし、重すぎても漬かりすぎてしまうそうです。



(ウチの漬物石は25㎏だそうです)


「へぇ~、そうなんだ~」って感じですよね。



これは、営業マンとお客様の関係と非常によく似ている気がします。


マーケティングは「仕込んで待つ!」


セールスは「重すぎず、軽すぎず」


このバランスが、お客様から「おいしかった」と絶賛されるコツだと思います。



今日のセールスのポイントは・・・


ちょうどいい重さ加減です。(体重もね。。。)













乗ってます!

↓↓↓↓↓
起業家・渡辺誠司の孤軍奮闘ブログ





昔やっていた「アロンアルファー」のCMではありません!


2個のテニスボールを、手で積んだのです。



これは潜在意識の活用法として


「できる・できない」を形にしているのです。



一度、出来てしまうと何度もできます。


でも、「出来ない」と思っていると絶対にできません。



いまは、自分の「集中トレーニング法」として活用しています。








PAGE
TOP