Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > 社長のメンタル > 不器用な人は努力を続ける。

不器用な人は努力を続ける。

こんにちは、渡辺誠司です。 僕の弱点と言うか・・・ 短所と言うか・・・ 自分でも「ここがマイナスだな~」と思うことがあります。 それは、 「一つのことに集中して継続できない」 ということです。 一言でいうと「器用貧乏」ですが、 格好よく言うと「ジェネラリスト」でもあります(^^) ちょうど、昨日読んだ本に、こう書いてありました。 一人前と一流は違う。 器用な人は早く一人前になるが、そこで努力をやめる人が多い。 不器用な人は努力を続ける。 その努力を続けているうちに、一人前から一流へと変わって行く 出典:人生の原理(小宮一慶) 確かに、僕は器用という強みがあるのですが、 一流と言えるまで、それだけを追求しているかと言うと、 そうではない「一人前」というレベルです。 だから僕は、 何か一つのことを、何年も何十年もかけて追求している人を見ると「スゴイなぁ~」と尊敬してしまいます。 だからと言って、 幅広い分野に着手する自分が悪いとは思いません。 それが、僕の強みでもあるからです。 その強みの積み重ねが、 今では、とても役に立っています。 インターネットが登場する前、 僕は営業マンとして「1対1のセールス」を追求していた時期もありましたが・・・ インターネットの普及で、 一流の営業マンを必要とする時代が終わったと思いました。 ユーザーは、インターネットから予備知識を得て、 最終的に営業マンに接する時代になったので・・・ 一流の営業マンが一人いるよりも、 一人前の営業マンを10人育てたほうが良いと思っています。 確実に、時代が変化している中で、 時代のニーズに合わせて、自分も変化していくことに目覚めてから、 セールスレターという「文章で売る技術」を学んできたのですが、 今では、とても役に経っています。 この小冊子でも、 「セールスマンシップとは何か?」と言うことについて、 自分なりの考え方を書くことができました。 やっぱり「書く」ということは、 僕にとって「思考の整理術」だと思います。 ▼詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。

PAGE
TOP