真摯さとは何か?

こんにちは、渡辺誠司です。

最近は、いろいろな方面でマーケティングの成功事例が出ています。

近いうちにニュースレター形式で発行して行こうと思っていますが、成功事例のポイントを整理すると、ある共通点があります。

それは

「1人でも多くの人に、自分・自社・商品・サービスの存在を知ってもらう」という活動を続けていることです。

とくに、インターネットを通じたマーケティングでは、

ブログ・ミクシィ・ツイッター・フェイスブックなど、ソーシャルメディア(SNS)を活用しているケースが増えています。

しかし、同じような手法を使っても、すべての方がうまく行くわけではありません。

こうしたテクニックも大事ですが、基本的な部分が欠けていると結果が出ないというのも、ひとつの共通点です。

それは、最近の「P・F・ドラッカー」のマネジメント理論で言うところの「真摯さ」という言葉がピッタリではないでしょうか。

「真摯さとは何か?」

僕にとっては、何時間でも話が盛り上がるテーマですが、人によってとらえ方がいろいろあるみたいです。

深い話は割愛するとして・・・

マネジメントに対する「真摯さ」は、とても重要です。

世の中にある、小手先のテクニックを使っても成果がでない理由は、ここの部分ではないでしょうか?

今日は、名古屋で講座を受けたあと、名古屋の山中専務と会食です(^^)

ここでも、「真摯さとは何か?」を学んで帰りたいと思います。