Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > 社長のメンタル > 渡辺誠司の起業家マインド > 知ったことを、覚えながら、動きながら考える

知ったことを、覚えながら、動きながら考える



こんにちは、渡辺誠司です。


今日のブログはお休みです。


しかし・・・

休みでも、ブログを更新していないと

「昨日はどうしたんですか?ブログが更新されていませんでしたけど・・・もしかして、体調でも崩したのですか?」というメールが来るようになってしまったので、何か書きます(苦笑)


と言うことで、

今日は僕自身の性格についてです。


世の中には、いろいろな性格の人がいますね。


そして、10人集まったら、

素晴らしいアイデアが創造できる反面、

それぞれの性格が原因で、口論になったりチームが崩壊したりします。


実際に、そういう現場を何度も見ているので、よく分かるのですが・・・

ひとつの組織をまとめるのは、並大抵のことではないと思います。


ある先生に教わったのですが、

人の性格は3つの行動パターンに分かれているそうです。


・行動派 (行動したい人)

・保守派 (行動したくない人)

・理論派 (考えたい人)


大きく分けると、この3つに分かれるそうです。


そして、ぶつかり合うのです。


では、僕自身は?


その先生が言うには、「理論派」だそうです。


言われてみれば「あぁ、確かにそうかも・・・」と納得してしまうのですが、できるだけその側面は出さないように注意しています。


よく、こういうケースはないですか?


「あの人は、行動するのは速いけど、もう少し考えてからやって欲しい!」

「あの人は、言っても動かないし、行動も遅いし、おっとりしている!」

「あの人の言うことは、ごもっともだけど、実際の現場を知らないからだ!」


どんな組織でも、必ず聞こえてくる会話では無いでしょうか?


もしくは、家族の中にも起こっているかも知れませんね。


僕自身の性格が「理論派」だとしても、考えながら動けば良いと思います。

あるいは、肝心な時に立ち止まって慎重に判断する。


まさに、「知覚動考」です。


知ったことを、覚えながら、動きながら、考える。


こうした、「偏らないバランス」が大事だと思います。


(本当は、ず~~と考えていたいかも・・・)




PAGE
TOP