Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > 社長のメンタル > 渡辺誠司の起業家マインド > 百貨店から専門店へ

百貨店から専門店へ

こんにちは、「お客様を集める女性の会」を主宰する渡辺誠司です。


名古屋駅の松坂屋が閉鎖するというニュースが流れましたね。

サラリーマン時代のオフィスが、ちょうど松坂屋の目の前だったので衝撃的でした。


毎日、目の前を通って通勤していたことを思い出します。


今後は、栄本店の方に益々集客することを願います。


~以下本文~

松坂屋名古屋駅店、8月29日に閉鎖 競争激化で百貨店閉店相次ぐ
2月25日16時23分配信 産経新聞

 百貨店大手のJ・フロントリテイリングは25日、松坂屋名古屋駅店(名古屋市中村区)を8月29日に閉鎖すると発表した。これにより年内の閉鎖が決まった百貨店の店舗数は、2月の段階ですでに昨年の9店舗を上回る11店舗に達し、収益力が低下した百貨店の店舗閉鎖が急ピッチで進んでいる。

 松坂屋名古屋駅店はJR名古屋駅に隣接する「名古屋ターミナルビル」に出店しているが、同ビルを所有するJR東海は2008年に、今年9月から工事に入り16年度に完成する立て替え計画を発表した。

 このためJフロントは立て替え終了後の新ビルへの再出店を前提にJR東海と交渉を進めてきたが、「複合ビルのなかでのレイアウトなど条件面で折り合わず、百貨店としての出店は難しいと判断」(Jフロント)し、閉鎖を決めた。

 松坂屋名古屋駅店の従業員129人のうち正社員69人は雇用を継続する。一方、60人の有期契約従業員についてはいったん、雇用契約を打ち切る。

 松坂屋名古屋駅店は1974年11月に開業し、売り場面積は1万6521平方メートル。ピークの92年2月期には売上高は約297億円に上った。しかし2000年3月に名古屋駅に「ジェイアール名古屋高島屋」が開店するなど、競合との競争が激化するとともに消費不況のあおりで売り上げが減少。10年2月期は営業黒字は確保するものの売上高は105億円とピークの約3分の1に落ち込む見通しとなっていた。

 なおJフロントは松坂屋名古屋駅店の閉鎖関連の引き当て損失額として、10年2月期連結業績で特別損失として5億円程度を計上する見通しだ。

PAGE
TOP