Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > 社長のメンタル > 渡辺誠司の起業家マインド > チャンスの合図が聞こえたら

チャンスの合図が聞こえたら

落ち込んだ時・・・


サラリーマン時代は、よく朝まで飲んでましたね~。


どうして飲んでいるのか理由が分からなくなるまで飲んで


次の日は「超二日酔い」になっていました(涙)


そして、酒臭いまま出勤して、昨日飲みすぎたことに後悔して、また落ち込む・・・


でも、その頻度が多くなると、お酒で誤魔化すことに嫌気が刺してきました。


結局、何の解決策にもならないからです。


それどころか、現状がますます悪化してしまうのです。


落ち込みの悪いスパイラルは非常に危険です。


僕自信も、このスパイラルに落ちると、なかなか抜け出せません。


でも、最近は、落ち込んだ時には、夜が明けきらない暗い時間帯から、軽いランニングをしています。


朝日が昇ると同時に、落ち込んだ気持ちから目覚めるという訓練をしています。


起業家は、自分の感情をコントルールする上司なのかも知れません。


落ち込んだ時、

悲しくなったとき、

空しくなったとき、

悔しい思いをしたとき、

寂しい思いをしたとき、

貧しい気持ちになったとき、

怒りが込み上げてきたとき、

怖くなったとき、

孤独を感じるとき、

恥ずかしい思いをしたとき、


この感情が湧いてきたときは、実は「チャンスの合図」だと思っています。


このチャンスの合図が、落ち込んだ時の感情だと思います。


落ち込んだ時に部屋を暗くして、背中を丸めて、頭を抱えていたら、目の前のチャンスに気付かないでしょう。


本田 健さんの著書 きっと、よくなる! の中には・・・

「最悪だと思った出来事が、長い目で見れば、いまの幸せにつながっている」





人生のピンチは「そろそろいまの人生を変えるときですよ」と教えてくれる


だと言っています。


だから、リスクから逃げ回っている人生にチャンスは来ないでしょう。


もしかしたら、いまは最大のチャンスなのかもしれません。


僕の感情を支配している心の中には、「チャンスの女神」と「ナマケモノの悪魔」が住んでいます。


悪魔が時々現れて、耳元で恐ろしく悪いウワサをします。


そいつの声が聞こえたら、チャンスの合図でしょう。





PAGE
TOP