Fのロジックを信用して、光るセールスプロデュースの創造

こんにちは、渡辺誠司です。

今日は、とっておきの情報です。

WEB業界では、

インターネットマーケティングの手法が、それこそ「100人100様」に考え方が違うのですが…

僕の場合は、アメリカの有名な心理学者が発表した「Fのロジック」を、ひとつの基準にしてマーケティングを打っています。

この「Fのロジック」とは、名前の通り・・・

ローマ字の「F」を書く順番で、人間の目線が動いているという研究結果です。

世界的に認められている天才的な学者が発表していることなので、それを知った日から従順にしたがっています。

わかりやすく、僕のブログで説明すると…

・まず左から右へ①


・次に、縦に上から下へ②


・そして、最後に左から右へ③

女性経営者のための「やさしいマーケティング実践会!」 セールスブレイン渡辺誠司 公式ブログ

こうして言われると、

「あぁ~確かに、そうやって見てるかも…」と理解が深まると思います。

その自然な流れに沿って、優先順位の高いコンテンツを配置するわけですが、これがなかなか難しい…

過去に20事例ほど、クライアントさんのブログをカスタマイズしてきましたが、自分が納得する答えが出るまでに時間がかかります。

僕は、よく「上流から下流までシームレスに流れる」という表現をしていますが、この表現が一番ピッタリです。

読み手である検索者にとって、なんの疑いもなく最後まで読み切れるか?

この問いに答え続けるのがマーケティングであり、それを創造するのがセールスプロデュースです。