Just another WordPress site

BLOG/NEWSブログ・お知らせ

トップ > 社長のメンタル > 最近の仕事実績 > Re・メイクするタイミング

Re・メイクするタイミング

こんにちは、「女性経営者のための、やさしいマーケティング!」を主宰する渡辺誠司です。

いつも、ありがとうございます。


どんな業界にでも

「先月まで良かったけど、ここ最近、急にダメになったなぁ・・・」

という話しを聞くことがあります。


しかも、ここ最近は、

似たような話を聞く回数が増えてきたような気がしています。


こういう話しはドォ~ンと重い空気になりがちですが、

こういうときこそ「情報の棚卸し」するタイミングではないでしょうか?


この、「棚卸し」をしないで従来通りの方法で頑張っても、

先月と同じか、それ以下の結果しか出ないのが現状です。


情報の棚卸しとは?

自分の周りで起きている変化や、お客様から聞いたことを思い出すことからスタートすると良いかも知れません。


例えば、

「今まで○○○○と言っていた人が、最近は□□□□というリクエストがある」

このような変化は、顧客価値が顕在化されてきたタイミングだと思います。


その変化を見過ごしてしまうと、

顧客は「□□□□を提供してくれるところ」を探し始めるので、

いつの間にか「ここ最近、急にダメになったなぁ・・・」という状況になってしまうのです。


僕の場合、

情報を整理するときに、「自分自身を鏡で見る」という例えを使いますが、まさにその通りだと思います。


自分自身を見るときが一番ツライのですが・・・見なければならないときもあるのです。


もしかしたら、ボロボロの顔になっているかも知れません。


もし、そうだとしたら

もう一度Re・メイクして違う顔を見せれば結果は変わるかも知れませんね。


このRe・メイクするペースは、年々速くなっていると感じています。

1年に1回どころか・・・3回、4回は必要になっていると思います。


やろうと思った時が、そのタイミングです。


じっくり自分(自社)と向き合ってみましょう。

PAGE
TOP