Just another WordPress site

こんにちは、サイバーインテリジェンスの渡辺誠司です。

 

5年ほど前だと思いますが、

自分自身が、迷いブレまくっていたとき、あるコーチングの先生に相談したことがあります。

 

 

今でも迷うことがありますが、

最近は決断までのスピードが早くなっていると気が付きました。

 

経営者はとくに、自分の判断で会社全体が動くので、その選択や判断が間違っていたり、いつまでも答えを出せずに葛藤していると、会社は良くならないと感じています。

 

人生は「葛藤と選択」の連続です。

 

例えば、

『今日は家に帰ってお酒を飲みたいな。でも、明日お酒が残ると仕事が辛いし…、でも飲みたい気分だしどうしよう』

『夜にお菓子を食べたら太るのは分かっているけど、テレビを見ながらダラダラお菓子も食べたいし…、それを我慢してまですることもないし』

『勉強しないとヤバイことになるけど、目標も無いし面倒くさい…、あぁ勉強なんてしたくない!』

 

と、経営者に限らず、人は常に葛藤と選択の連続の中で苦しんでいるのですね。

 

今日、お酒を飲もうが、お菓子を食べようが、勉強しなくても会社は潰れませんが、小さな経営判断の繰り返しが会社を作っています。

 

自分ひとりの会社なら、どうなろうが自由かもしれませんが、

他人の人生や、顧客への責任を背負っている会社であれば、さっさと決めること!

 

もし、その判断が間違っていると感じたら、すぐに考え直せばいいじゃないか。

 

経営者は、お釈迦様ではないので、必ず失敗や間違いを起こします。

どうせ失敗や間違いを起こすのであれば、早く決断して早く答えを見つけることが経営者の仕事だと思う。

こんにちは、サイバーインテリジェンスの渡辺誠司です。

 

10月も、あっという間に折り返しの15日になりましたが、そういう言っているうちに今年も2ヶ月半しかないんですね。

 

あぁ~、やだやだ。

 

会社の方は、この10月が決算ですが、

製造業や在庫を抱える仕事に比べると、決算だからといってバタバタする業種でも無いので、その点ありがたいです。

 

今期は、法人成りして三期目になり、11月から4期目になるのですが、とても良い成績で締めることができそうです。

 

すでに、来月、来期のことを考えているのですが、

業績が良くても悪くても「他人は他人、いつもの自分」です。

こんにちは、サイバーインテリジェンスの渡辺誠司です。

 

ダガヤサンドウ?って聞いたことありますか?

 

どうやら、東京の【千駄ヶ谷+北参道=ダガヤサンドウ】というエリアのことらしいです。

 

岐阜に住んでいる私には関係ないのですが…、

何に興味を持ったかというと、この街全体が「おしゃれに盛り付けられている」ことです。

 

「ダガヤサンドウ」をネット検索すると、

女子散歩、ブーム先取り、おしゃれエリア、個性派ショップ、というキーワードが目立ちますが、このエリアに出店するためには、誰もやっていないセンスをウリにしないと競争に負けるのは確実ですね。

 

僕みたいな合理主義タイプは、絶対に手を出してはいけないカテゴリです(>_<)

 

例えば、あるお店の「チーズキーマカレー」がテレビで取り上げられていたのですが、見た目のインパクトがあるので、情報番組でたびたび取り上げられています。

 

実際に食べたことは無いので味はどうか分かりませんが、提供価格は1,120円です。

 

クールに表現したら「白ご飯の上に、ひき肉を盛り付けて、チーズをかけただけ」ですが、その盛り付け方や提供方法を工夫しているからこそ、1,120円で提供できるわけですね。

 

厳しいことに、今や「料理が美味ければお客は来る!」という時代ではなく、器選びや盛り付け方を工夫しないと評価されません。

 

盛り付け方が良かったとしても、提供方法が「セルフサービス」だとしたら、1,000円以上で提供できないと思います。

 

単価の決め手は、原材料費+人件費+固定費という従来の計算式よりも、盛り付け方や提供方法を工夫して「価値」を提供した方が単価も上がり、お店は儲かる!

 

1 / 21112345...102030...最後 »

PAGE
TOP