Just another WordPress site

こんにちは、渡辺誠司です。

 

5月の長い長い10連休も終わり、あっという間に6月ですね。

 

どうやら、2020年のGWは5連休みたいですが・・・

なにごとも、ほどほどにしてほしいですね。

 

タイ(バンコク・アユタヤ遺跡)旅行へ

タイ旅行に誘われ、パスポートを探してみたら・・・

とっくに有効期限が切れていて、ずいぶんと海外に行っていないことに気づきました。

 

行っていないと言うよりも、

自ら何時間も移動して海外に行こうとは思わないので、更新すらしてこなかったのですが、

今年は「どんな誘いでも断らない」ことを意識していますので、頑張って行くことにしました。

 

個人的には、海外のキャッシュレスがどう進んでいるのか?

Uberは本当に使えるのか?労働環境はどうなっているのか?ITの仕事は海外発注できるか?

ということにも興味があり、いろいろ勉強してこようと思って行ってきました。

 

 

ナンプラーとパクチーが・・・

わかっていたのですが、

エコノミークラスで6時間の飛行時間は、本当に本当に大変です。

 

しかも、深夜0時の出発だったので、

仕事が終わって眠りたいところですが、結局ほとんど眠れず・・・

早朝6時(現地時間4時)に到着して移動することになりました。

 

朝食で立ち寄った、大きなマーケットみたいなところがあるのですが、

タイ独特の食べ物と「ナンプラーとパクチー」のニオイがダメで、結局何も食べられず・・・

 

 

もしかしたらカップヌードルなら食べれると思ったのですが・・・

パッケージデザインの文字が読めないので、適当に手にしたのが、どうやら「トムヤンクン」で、最初の一口目から、あの独特のニオイが・・・でも、なんとか完食しました。

 

もう、においに敏感になり過ぎて、食べたものといえば、

ポテトチップス・マクドナルド・ケンタッキー・スタバのサンドイッチと、

日本で見たことのあるものばかりで、タイ料理には全く手をつけることなく帰ってきました。。。

 

 

日本ではありえないことばかり!

繁華街に行っても、電線はすごいことになっています。

おそらく、1回線で1本を配線しているので、こうなったかと・・・

 

 

 

 

ほかにも、タクシーは信号無視、割り込み運転があたりまえで、警察の取締も無いみたいです。

もし、国際免許証があったとしても、とても運転はできないですね。

 

 

高級繁華街のすぐそばにスラム街

一番驚いたのは、スクンビットの巨大な摩天楼群があって、

わずか先の高速道路の下や線路沿いには、バンコク最大のスラムがあり、一日に100バーツ(300円くらい)を稼ぐことに苦労している現実を見て心を痛めました。

 

本当に、貧富の格差がすごい激しい世界です。

日本で言っているような格差社会なんて、比べものになりません。

 

そのエピソードとして、

タクシーに乗って信号待ちしていたとき、

ふと前を見ると、ボロをまとった女性が高級車に近づき、ドアガラスをコンコンして「物乞い」する人を見ました。

 

もちろん、靴は履いていません。裸足です。

 

日本には、義務教育もあり、社会保障もあり、

有り余るほどの仕事がある中にもかかわらず、働いていない人が300万人もいるわけですが・・・、裸足で歩いている人もいませんし、ちゃんと服も着ています。

 

経済的格差があると言っても、先進国の中で贅沢しているだけだと感じました。

 

私たちは、日本という国に生まれたことだけでも幸せなことであり、とても裕福な国であることに違いありません。

 

 

 

観光編:ワットポー(卧佛寺)

バンコクの中心地で、基本の観光名所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

王宮

王宮には短パンでは入れないので、入り口でタイパンツを買わされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワット パークナム

幻想的なエメラルド色の仏塔と天井画が、まるでCGのように見えます。

 

 

 

ワット ヤイチャイモンコン

タクシーで1時間掛けて移動して、アユタヤ遺跡に来ました!

感動的な遺跡です。

 

 

 

 

 ワット マハータート

アユタヤ王朝が繁栄していた姿を想像して遺跡をめぐりました。

 

 

 

 

 

 

ワット チャイワッタナーラーム

アユタヤ王朝の中でも「繁栄と破壊」が、もっとも伝わります。

とても美しい場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アユタヤ 日本人町跡

江戸時代、ここに1000人ほどの日本人が住んでいたそうです。

貿易の拠点として、今で言う「日本大使館」のような場所だったのでしょうか。 

 

 

さよならバンコク

海外に仕事をしにいくわけではないので、旅行気分で行ったのですが、

帰ってから何日も疲れが取れずに、なかなか大変でした。

 

もっと、多くの国に行って、

異文化を自分の目で見て、感じて、人生に役立てたいですね。

 

こんにちは、渡辺誠司です。

 

しとしと雨が降る少し肌寒い4月の最終日、

街路樹を彩る清楚なハナミズキが新時代を歓迎しているように見えます。

 

今日で平成の世も最後となり、明日から新元号「令和」スタートですね。

 

昭和から平成になったときは、

天皇の崩御で日本中がお葬式ムードだったことを思い出すと、

今回は、今上天皇への感謝や、新時代への期待感に満ちあふれていると感じています。

 

ご健康で退位されることには、いろいろな思想のぶつかり合いもありますが、

結果として、日本国民にとって素晴らしい選択ではないでしょうか。

 

今上天皇のような人格者が、国家の象徴であったことは日本の誇りです。

 

本当に、おつかれ様でした。

 

 

三ヶ月ぶりにニュースレターを作りました!

僕が文章を書いて、

デザイナーが構成して、

プリントしたものを手で折って封筒に入れて、

郵便局に持ち込んで・・・毎回、苦労して作ってます。

 

■バックナンバーはこちら

 L https://cyber-intelligence.co.jp/newsletter/

 

 

スタッフ総勢14名になりました。

今月から新しくスタッフが増えて、総勢14名になりました。

今期目標は20人体制ですが、仕事の供給バランスが課題になっています。

 

 

 

庭に咲いた大手毬

毎年、家の庭に大きいな大手毬が咲き、

この白い花びらが散ると、真っ白な絨毯のようになり、

とても美しく咲き、華麗に散っていきいます。

 

花が大好きな母が、写メ撮っている後ろ姿も一緒です(^^)

 

こんにちは、渡辺誠司です。

 

もう3月も終わりですね。

外の景色は春らしくなり、街では桜が咲き始め、

野道にはオオイヌノフグリが花を咲かせています。

 

4月1日には、新元号が発表されるそうですが、

日本中が楽しみにしている瞬間が近づいていますね。

 

月に一度は、自分ブログを更新して

自分の思っていることや、考えていることを整理しています。

 

経営の原動力は「アンガー(怒り)」だ!

このIT業界で仕事をしていると、

これから世の中は、どう変化していくのか敏感に感じています。

 

確実に変化していることは、

人口減少、引きこもり、ニートによる労働力不足をカバーするために、

AIや産業用ロボットが急速に発達して、人々の仕事が無くなっていくことです。

 

そして、日本人に仕事があるにもかかわらず、

なかなか働き手が集まらずに、深刻な人手不足になっている

建設現場、介護業界、製造業には、東南アジアから大量の人材が流れ込み、

日本社会の構造そのものが変わることは、もう誰にも止められません。

 

もしかしたら、僕たちの子供世代が就職した会社は「上司が外国人」だったり、

外国人社長の元で働くことになるかもしれないと思うと、ゾッとします。

 

20年後には、日本人口が8000万人まで減少する代わりに、

外国人労働者が2000万人にまで膨れ上がり、トータルで1億人社会を維持できると思いますが、

今までとは次元の違う問題(外国人の移住や選挙制度など)が山積みとなり、強烈なリーダーシップが求められます。

 

そこで、私は思うわけです。

 

私たち経営者は、

もっと感情を剥き出しにして、感情を爆発させて仕事しないと、

この世の中で必要とされなくなってしまうのではないか。

 

僕は、会社で何かあっても、そんなに怒ることはありません。

むしろ「怒らない経営者がカッコイイ」とも思っているので、

ムカついたり苛ついたりしても、いきなり怒鳴ったり

長時間説教するようなダサいことはしません。

 

ただ…、本当のことを言うと、

怒りの感情に任せて怒鳴ったりして、

部下やスタッフに嫌われることを避けている「単なるお人好し」なのです。

 

みんなそうです。

 

なんでもブラック企業、なんでもハラスメントと言われるようになり、

会社の上司も、部下に叱ったり注意することができない社会になってしまったのです。

 

そして、いまや日本社会は「アンガーマネジメントできる上司が素晴らしい!」というムードになり、怒りたくても我慢することが美徳だと勘違いしている人もいます。

 

叱りたくても、優しく丁寧に説明して「いいところを褒めて伸ばす」ことがマネジメントの基本だと言う人もいますが、経営者に求められていることは「感情の爆発」です。

 

なぜなら、

怒り、苦しみ、悲しみ、不満、劣等感、という負の感情は、

いちばん強烈なエネルギーであり、経営の原動力だからです。

 

 

生産性の高い怒りとは?

思い返せば、僕が創業した10年前は、

まさに「怒りのエネルギー」があったからこそ、今日まで走ることができたのだと思います。

 

会社員時代、理不尽な上司にバカにされ

「いまに見ていろ!絶対に成功してやるからな!」と、

血迷って独立開業したものの、まったく喰えない時代が5年続き、

心が折れそうになったときも「怒り、苦しみ、悲しみ、不満、劣等感」という負の感情が、生産的なエネルギーになったわけです。

 

そして、10年が経ち…

事業も軌道に乗り、売上も増えてきたことで、

創業時の「血がほとばしるほどの怒り」も沈静化してしまったのです。

 

こうやって、経営者はダメになっていくのか?

 

経営者の怒りが冷めたら、会社は終わると思います。

実際に、そういう会社を知っていますが、

そこへ行くと社内は「負のオーラ」がすごくて、人の目も死んでいました。

 

怒りと言ってもいろいろで、

攻撃的な怒り、暴力的な怒り、相手を不快にさせる怒り、どうにもならない不毛な怒りなど、

怒りには良いイメージはありませんが、私たち経営者は「生産性の高い怒り」を研究していくことが、これからやってくる時代の生き方だと思います。

 

今まで、仕事のことでお客さんからクレームがあった場合でも、

怒りを爆発させて部下やスタッフに嫌われたくないという、やましい感情で、

相手を傷つけないように静かにしていましたが、それは間違いだと気づきました。

 

僕の知っている社長さんでも、

いつも怒っている人もいれば、ぜんぜん怒らない人もいます。

そして、僕みたいに「怒りたくても怒れない人」もいますが、

 

・怒らなければいけないことは上手に怒る。

・いつ、誰に、どの程度まで怒るのか自分の責任で決める。

・相手に嫌われることを恐れず、愛を込めて怒る。

 

本気で仕事に向き合っていれば、怒りが湧いてくるのは当然で、

その怒りのエネルギーを、どうコントロールするかが試される時がきました。

 

もう一段、自己成長するために、この苦行をも乗り越えて行く覚悟です。

1 / 21812345...102030...最後 »

PAGE
TOP