Just another WordPress site

こんにちは、渡辺誠司です。

 

GW後半スタートですね。

 

こういうと、変わったヤツだと思われますが・・・

正直、大型連休なんて無いほうがいいです。

 

僕にとっては、

普通に仕事していることが、いちばん自然で、

こういう大型連休があると、逆に苦痛です。

 

もしかしたら、経営者の多くは、

同じように思っている人も多いかもしれません。

 

「会社が休み=売上ゼロの日」

 

ですからね。

 

逆に、従業員にとってはGWは天国だと思うので、

こういった違いからも「経営者は孤独だ」と言われている理由だと思います。

 

何も考えずに、家でゴロゴロしていればいいのですが・・・

やりたいことがいっぱいあるので、こういうときにこそ、落ち着いて考えたいと思います。

 

 

こんにちは、渡辺誠司です。

 

いま、放送中の朝の連続テレビ小説「半分、青い。」見てます?

公式サイト→https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/

 

実は僕、ここ数年「朝ドラファン」で、

今回は、岐阜の美濃市が舞台になっているそうで、楽しく見ています。

 

毎日は見られないので、録画ビデオを1週間分まとめて見たのですが、

わざわざ、岐阜用語を駆使しているところが、さすがNHKです!

 

「まーあかん」

 

もしかしたら、

知らず知らず、僕も使っているかもしれない。。。

 

どうやら「まーあかん」の意味は、

標準語で「もう許せない・堪忍できない」と解説されていますが、

人それぞれ使い方が違いますよね。

 

うちの母親の場合。。。

 

「このリモコン、電池変えても動かんということは、まーあかんのかな?」

「このタイヤもうツルツルやで、次の車検の時まーあかんな?」

「このパン、賞味期限1週間も過ぎたで、まーあかんよね?」

 

と、会話の流れから、

相手が何を言わんとしているのか汲み取ることがコミュニケーションの基本で「まーあかん」という言葉そのものは「語尾を都合よく締めくくる」ことができる便利な言葉なんだと思います。

 

僕は、仕事中は、できるだけ美しい日本語、正しい言葉を使うように心がけているつもりですが、、、自然に出てしまっている気がします(汗)

 

これからも、ドラマの中で出てくる単語に注意しながら拝見させていただきます。

こんにちは、渡辺誠司です。

 

今日から4月ですね。

4月と言えば、自分の誕生日・・・

 

そろそろ43歳です(汗)

 

何事も、長続きしない性格ですが、

月に一度くらいは、1ヶ月を振り返りながらブログ更新することにしています。

 

この3月の大きな出来事は、

親戚の伯父さんがガンで亡くなったことです。

 

長年、ガンと戦ってきたのですが、

その苦しさから開放され静かに逝かれました。

 

親戚から「危篤」の連絡を受けたのが、ちょうど日曜日だったので、

自分のクルマに父親を乗せて、急いで岐阜市民病院に行ったところ、

なんとか間に合い、亡くなる瞬間を看取ることができました。

 

僕は、人の死とは縁遠い仕事なので、

どうしていいのか分からず、ただ立ち尽くすだけです。

 

伯父さんは、一代で縫製業で成功し、

地元の商工会議所の役員を歴任してきました。

 

また、地元のお寺の改修事業にも尽力して、

自ら多額の寄付を納めて、亡くなる数ヶ月前に改修事業が完了しました。

 

僕も同じ経営者ではありますが、

伯父さんとは器の大きさが違い過ぎます。

 

葬儀では、久しぶりに親戚一同が集まったのですが、

僕が会社経営していることを、あまり知らない人もいて、

 

「あの誠司くんが、会社経営してるの!?」

 

と・・・、とても驚かれ、

今、どんな仕事をしていて、何人の従業員がいるのか、

昔の僕を知っている人たちにとっては、

天地がひっくり返るほどの衝撃だったみたいです(汗)

 

まあ、過去のことは置いておいて、

渡辺家にとっては、僕が「事業で成功する」ことは嬉しいみたいで、

この血筋は商売の家系なんだと感じました。

 

最初は、自分さえ生きていければ良いという考えで始めた仕事ですが、

だんだん考え方が変わって、自分だけ儲けても幸せになれないことに気づき、

人を幸せにすることを通じて、自分も幸せになることが分かってきたのです。

 

大げさな言い方かも知れませんが、

僕が商売で成功することは、親戚の人々にとっても嬉しいことであり、

次なる経営者が育ったことは、渡辺家の誇りなんだと感じました。

 

このブログで詳細は書けませんが、

最近、ある出来事があって、

 

「美学の無い、稼ぎ方は自分らしくない」

 

と、自分の商売のやり方を確信しました。

 

人を苦しめたり、つまらない商品を売って儲けたとしても、

いずれ自分も苦しくなり、自分も幸せにならない。

 

人は誰もが、幸せになるために生まれてきたわけですが、

不幸を望んで生まれてきたわけでは無いにもかかわらず、

なかなか幸せに生きることが難しく苦労しています。

 

そろそろ43歳ですが、

人生の折返し地点は過ぎた?かも知れません。

 

1年を無駄にしないようにしないと、後悔するかも!

 

 

■見事な桜が咲き誇っています。(花粉症でツライ・・・)

1 / 21312345...102030...最後 »

PAGE
TOP